スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP細胞

私は髪が長いです。よく、「洗うの大変じゃない?」なんて言われます。
私にとってみれば顔の延長でしかなく、大した手入れもしていないので大変でもなんでもないのですが(笑)
仕事の時はほとんど一本に結ぶか、団子にしていてお客様の家に髪の毛が落ちたりしないようにしています。

家に帰ると、結び目が痛くなってくるので髪を下したり、ゆるく結ぶようにしていて、昨日の夕飯作りの際には、上半分だけをコーム付きのバレッタで留めていました。

すると息子が「あれ?髪型変えた?」と。ふ~ん、今の男子はそんなことに気がつくんだ。「ずっと結んでると頭痛くなるからね」そう言うと、「STAP細胞みたい」「???」

・・・どうやら今話題の小保方さんの髪型と似ているね、ということらしいです。確かに割烹着は着ていますが・・・
私は彼女のようにかしこくも、美しくもありません。決して顔が似ているということでもありません。むしろ全然違う種類の人間と思われますが・・・

でも少し気を良くしたので、今日から夕飯作りの際は「STAP細胞」でいこうと思います(笑)

HPはこちら♪

仙台の家事代行サービスなら あおばサポート 気軽に頼めるお手伝いさん 草取り

スポンサーサイト

おめでとう!羽生くん!!

今日はここ、杜の都仙台で羽生結弦くんの「金メダルおめでとうパレード」が行われます。
朝から大勢の人が仙台に詰めかけ、市内は早くもお祝いムード。昨夜から席取りをしているという熱烈なファンもいるほどです。

羽生くんは私の息子と同世代。それなのに物おじしないマスコミへの対応や、言動はまさにスーパースター並み。それはこれまでの努力や結果が生んだ自信なのではないかと思います。ソチオリンピックでの活躍は言うまでもなく、日本に「金メダル」を持ち帰ってくれました。本当にスゴイ!!

実は、羽生君を何度も「アイスリンク仙台」で見かけたことがあります。うちの息子が同リンクでアイスホッケーの練習をしているので、何年も前から羽生君の存在を知っていました。

TVでは、ここ最近羽生君の特集をよく目にします。仙台で通年リンクといえばアイスリンク仙台。その存続が危ぶまれた時の当時のインタビューや、震災でリンクが閉鎖してしまった時のこと。羽生君が金メダルを取って、これまでの軌跡が取り上げられたからこそ分かる真実があります。

うちの息子はアイスホッケーをしているので、同じようにリンクの閉鎖や、チームの存続に悩んだ時期がありましたがフィギュアスケートのよりもマイナースポーツで、金メダルを取るような活躍はないのでメディアに取り上げられることはありませんが(笑)

同じリンクを使うのに昔からフィギュアとホッケーは仲が悪いと言われています。そりゃそうだ、フィギュアは芸術性、ホッケーは乱暴な球技ですものスケート靴を履くという以外に共通点はないかもしれませんね。

でも、これまでなんとかリンクもなくならず、ホッケーを続けてこれたのは羽生選手や荒川静香さんのような素晴らしい選手の功績があってのことだと感じます。

フィギュア選手のことを「気取ってる」「キモい」なんて負け惜しみ言ってるうちの反抗期真っ盛りの息子にも今日のパレードの中継だけは強制的に見せないと。そして真摯に努力し続けることの大切さ、がんばればいつか結果がついてくることを教えたいと思います。

羽生君、おめでとう!!そしてありがとう!!

HPはこちら♪

仙台の家事代行サービスなら あおばサポート 気軽に頼めるお手伝いさん 草取り


意外と涙もろいんです

今朝、出勤前にコーヒーを飲んでいると、TVから松たか子さんの歌う「ありのままで」を流すと聞こえてきました。今話題の「アナと雪の女王」のテーマソングを劇中で使われる3分半のノーカットで。松さんと言ったらわたしの年代だと「明日、春がきたら」のイメージしかありませんが・・・松さん、歌えるのかな?MayJが歌い上げるのは聞いたことあるけど。な~んて思いながらうすぼんやり待っていると・・・松さんの歌は私の想像をはるかに超え、心にしみました~!!ピュアな感じで、感情を込めすぎていやらしくなっている感もなく、素直に感動しました!!
そしてなんだか朝から感動で涙が・・・決していい人ぶっているわけではないんです。でもとても美しくて。

トシを重ねると、涙もろくなるものですね。もともと見かけによらず(笑)涙もろいのですが、最近では特にピュアなものに触れたり、がんばっている姿を見るととにかく涙が出てしまいます。私自身、ピュアでなくなってしまっているせいなのかなんなのか・・・。

「アナと雪の女王」、是非見に行こうと思います。

HPはこちら♪

仙台の家事代行サービスなら あおばサポート 気軽に頼めるお手伝いさん 草取り



お墓参りへ

毎週月曜日は業務もゆるやかです。以前から母にお墓参りに連れて行ってと言われていたことを思いだし、思い立って母の実家のある南三陸に行ってきました。
春のお彼岸は終わってしまいましたが、毎年この時期には祖父母の命日があるので母と二人、お墓参りに行くのが恒例になっています。
母の実家は気仙沼より少し仙台より、大谷海岸からすぐのところです。車でも二時間半近くかかり、同じ宮城県でもなまりも違えば風土も全く違います。
震災から3年、すっかり昔とは景色が変わってしまい、新しい防潮堤工事が行われていたり、港がピッカピカ。これで何かあっても町も人も守られるのだ、と思えばいいのですが昔ながらの風景が失われてしまったことは本当に残念です。たまに行く私がそう思うのだから、地元の人はどんなにか胸がつぶれる思いだったことか・・・
でも、そうは言っていられません、日々の暮らしや家族を守るためにみんなが前を向く時なのでしょう。

大谷

海も空も真っ青。以前は写真中央にある小さな小島は倍くらいの大きさがあり、堤防が伸びていました。てっぺんには大漁と安全を祈願するお社があり、夏には子ども達がそこから海へ飛び込んだりしたものです。私が小さな頃は真っ白な砂浜が広がっていてそこで冷えた身体を甲羅干ししたり、地域の人が子ども達が安全に海水浴できるように見守る見晴らし台がありました。

母の実家は震災後、建て替えられました。おじちゃんとおばちゃん、もう80才をこえましたが今だ船で漁にでてるそうでお土産に「真マス」と「わかめ」をもらいました♪

かえりがけに、東和町の「りんりん館」でちょっと休憩。
はっと
はっと定食¥680なり♪

HPはこちら♪

仙台の家事代行サービスなら あおばサポート 気軽に頼めるお手伝いさん 草取り

素直にウレシイ

すっかりサボり気味だったブログですが・・・

珍しくウチのバカ息子が私を喜ばせたのでそのご報告
「そういえば学校で作文書いたんだけどさ・・・」
スポーツバカで元気と食欲だけは人一倍のクラスでも時代に一人逆らっている今時珍しい我がバカ息子。読書感想も作文も幼稚で、文才なんてまるっきりナシだからきっとまたそんな話か?とぼんやり聞く私。
「テーマが震災だったから~、珍しくうまく書けて先生に褒められたゼ」
おッ!!小学生活6年目にしてようやく書けるようになったのか??(笑)
そう話すってことは、私に聞いて欲しかったからなのでしょう。
内容は?と聞くと、何でもパトリシアさんというアメリカ人がボランティアをしたことに感激して書いたんだそうで・・それで最終的には自分が震災中にあおサポとしてボランティアしたことを書いたんだそうです。
夏には南三陸で作られたミサンガの販売協力をしたこと、おでんを配ったこと・・・
この一年、子どもたちが何をしていたかは把握してはいても、どんなことを感じて成長してきたのかなんて振り返る間もなかった私。そんな中、ちゃんとボランティアとは何か?自分にできることは何かを少しでも感じながら成長してくれていたんじゃないかと感じました。
あー、もう勉強なんてできなくたっていい!!負け惜しみではなく、今の時代に感じなくてはならないことを少し感じられるようになっただけでも、母ちゃんウレシイっす。
あおサポとして、地域のサロンとしてまだ半人前ではありますが、決して方向性は間違ってないよね?
ねえねえ、家の中でもボランティアとしてお風呂掃除お願いしますよ!!
プロフィール

シスターロコモコ

Author:シスターロコモコ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。